se1.bmp se2.bmp

セレナ C23

初代セレナ(C23型 1991年-1999年)

1991年6月 C23型セレナ発売。
C22型バネットから派生する形で「バネットセレナ」としてデビュー。

250px-1stSERENA.jpg

助手席下にエンジンを搭載するミッドシップレイアウトを採用。
世界初のスライドドアパワーウインドウ等先取りした内容が多かった。
トヨタ・エスティマとともに
ミニバンに走りの良さを与えた草分け的モデル。
セレナの成功によりエスティマルシーダエスティマエミーナが登場することに。

当初はSUBARUの水平対向エンジンが検討されたが
ドライサンプ化しないとメリットが無いと判断されたため
直列エンジンが採用。
トヨタがエスティマに直列エンジンを横に75°寝かせて
ハイエースのRZ型エンジンを流用して専用エンジンを搭載したのに対し
セレナはFR車用のエンジンを流用し直立した状態で搭載。
ゆえにフロントシート周りは狭い感がある 。

1994年5月マイナーチェンジ。
車名をバネットセレナから「セレナ」に変更。

1996年オーテックジャパンによるハイウェイスター設定。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46344090

この記事へのトラックバック
se3.bmp
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。